トロント移住日記

台湾&カナダ留学後、トロントで国際結婚。トロント在住ながら中国語で暮らす日々。移民申請、海外情報、国際結婚 etc.広く浅くをモットーに。

【トロント】恐怖の入国審査と家族旅行。

こんにちは。

無事入国できた今だから書けるカナダの入国審査について。

 

 私たちが昨年の2017年12月に入籍、今年の1月末にPR(永住権)の申請をし、9月末にカナダに入国することに決めたのは、今から4ヶ月ほど前のこと。

 

日本人だったらだいたい半年PR取れるよー、と聞いていたので、その頃にはきっと大丈夫だろうとふんで台湾滞在日本滞在、その後のトロントへのフライトチケットを予約していたのです。

 

私は前回のトロント滞在が半年を超えていたので、入国を拒否されないか気が気でなく、CoPRを取得するまでは絶対にカナダに入境したくありませんでした。

 

もちろんオーバーステイではない事をカナダの弁護士さんに確認して滞在していたものの、 落ち着かず。。一度入国拒否された履歴がパスポートに残ると、今後他の国に行く際にも支障を来してしまうので、カナダはいいとしても(←だめ?)、他の国は困るっ。

 

という訳で、

 

心配だからまだ行きたくない、とごねる私のために夫はCICに電話をかけ、2時間待ち…

 

日本人はVISAが必要ないので、

ETAを取得する

PR申請中だと申告する 

半年以内に必ず出国すると宣言する 

 

これで大丈夫、と教えてもらっていました。

 

夫は何事に対してもとにかく大丈夫を連発するので、私は夫の大丈夫を全く信用していません 笑

 

夫が大丈夫でも、私だけ別室に連れて行かれたらどうにもならないしっ

 

と思い、何を言われても一人でなんとか対処できるように、思いつく限りの証明書を準備して持参しました。

  

用意した書類

  • 半年以内にカナダを出国するフライトチケット
  • ETA取得完了メールのコピー
  • PRの申請書類コピー
  • 結婚証明書のコピー英訳
  • カナダ滞在中の旅行保険証書
  • 英文残高証明書
  • 台湾滞在中、日本滞在中のフライトチケット

 

最終的に覚悟を決めたのは飛行機の上。

乗ってしまったものはしょうがない、と、開き直ってカナダに降り立ちました。

 

飛行機の上で入国管理用の書類を夫と私の2人で1枚記載し、上記一式を収納したファイルを片手に持ち…外国人用のレーンに夫と一緒に並びました。どうか、優しい人にあたりますように。。

 

そして、私達の番が来ました。

 

見ため怖そうな雰囲気の入国管理官にも笑顔で話しかける夫。

ほんとにすごいよね、あなた…

 

何かを聞かれる前に、ほぼOKで通れそうな雰囲気で、あっさりパスポートを返されました。

夫はPR申請中である事を説明すると、「じゃあスタンプ押しとくね」、とパスポートを再度取ってスタンプを押してくれました。ん?じゃあって何…?スタンプを押さなれなかったら最終的に入国申請書を渡すところで、さりげなく違う部屋に連れて行かれるって事?!罠????

 

とにかく、スタンプを押してもらい、

「次は入国申請書は2人で1枚じゃなく別々に2枚書くように」

「半年以内に出国するように」

 

以上で通してもらえました。。

 

ね?だから大丈夫って言ったでしょ?と言ってくる夫。 

とりあえずドヤ顔をつねっておきました。

 

ちなみに、後々調べたら、入国時のスタンプがなくても何の問題もないみたいでした。疑ってごめんなさい。。

 

さて。入国がここまで憂鬱だったのは、さらに理由があるのです。

 

到着日翌日から、家族旅行でメキシコへ連行される事が、トロントに発つ2週間前宣告されていたのです。

 

家族旅行?!メキシコ?!…

この辺りは、強制執行なので逆らうべくもないというか、、、既にこの台湾の家族主体両親ファーストを受け入れている(諦めている)のでまぁ我慢できるとして。

 

なぜ福岡→台北3時間、台北で5時間トランジット待ち、その後台北→トロント16時間のフライト。…の翌日深夜から旅行という日程?!誰がどう考えても私達しんどいよね??そして、再度入国できるかという緊張を強いられなきゃいけないの???

 

カナダの入国が厳しいという感覚は、カナダのパスポートを持っている夫家族には全く分からないんですよね。だから、ようやくカナダに入国できても再度入国できるかの確信はないから、すごく不安って、伝えたものの、まぁ何の役にも立ちませんでした。ハードな日程に関しては、家族の誰も気にしていませんでしたしねー。ははっ

 

メキシコでの日々は次回アップするとして…

 

話はメキシコからカナダへの入国へと飛びます。

もちろんメキシコ行きの際も、上記のカナダ入国用のファイルを持参しました。

実はこれが役に立ったんです。メキシコで!!

 

メキシコからカナダ行きのフライトに乗るためには、チェクインカウンターでカナダのパスポートもしくはPRカード、もしくはETAを見せる必要がありました。もちろん、そんな話は一言も聞いてません。なぜなら家族は皆パスポートを持っているから…again

 

留学中に遊びに行ったアイスランドでも求められたので、どこの国もカナダ着のフライトには必須だと思いますが、旅行に関する一切の説明を聞いていなかったので、危うく何も準備せずに行って、私一人だけカナダに帰れない悲しい事態が起こる所でした。たまたま持っててよかったー!!

 

メキシコからカナダへのフライトはちょうど4時間

入国審査書類が待てど暮らせど一向に来ないので不安に思いFAさんに聞くと、機械管理なので機上での入国書類の配布はない、とのことでした。

 

ピアソン空港到着後、入国管理用の機械に必要事項を入力し、出てきたレシートをカナダ入国時に渡すだけ。簡単でびっくり!!!

 

レシートは人によってふられている番号が違ったので、その番号で国や年齢・性別etcを管理しているのかな?詳細はよく分かりませんが、長い列にどの入国管理官にあたるのかドキドキしながら並ぶよりよっぽど気が楽でした。

 

こうして、特に止められる事もなく、無事に2度カナダに入国する事ができました。

嬉しい、けどもう2度とこんな緊張感を味わいたくない…。

 

いっそ拒否ってくれたら日本で暮らせるのに、と思ったのはここだけの秘密 笑

 

次回、ハードスケジュールと緊張のおかげで風邪をひいて向かった、メキシコ家族旅行のお話です♡