トロント日記

カナダ人との国際結婚、中国語・英語学習、旅行記録などなど日々の日記です。

【足つぼ】世界一痛い足もみ体験…涙

こんにちは。

今回は、私の愛する足つぼの事を少し。 

 

海外に行くことは、日本にないリスクを伴うこと。その側面の一つに医療の問題があります。

 

私が移住する予定のカナダでは、国籍保持者と永住権保持者は州の健康保険に加入すれば基本的に医療費無料です。無料という響きは良いですが、その分希望する検査や医療を受けるまでに時間がかかったり、治療や薬が自分に合うかは受けてみないとわかりません。正直テキトーそうで怖い…

 

医療技術の高い台湾出身の夫の家族は、健康診断や歯医者(カナダでは保険対象外)にかかる際は、台湾に帰国するタイミングで行くようにしています。私もおそらく同じように、緊急時は動けるならば日本に帰りたいと思っています。

 

私はここ数年…数十年、健康診断と手荒れで皮膚科にかかった以外では病院にはお世話になっていません。この先も、なるべく病院に行かずに住むように健康には気をつけたいと思っています。

 

そこで、という訳ではないのですが以前より続けている健康のための習慣が、足揉みです。いわゆる、台湾式の足つぼマッサージです。

 

揉み始めてから暫くすると、毎年かかる風邪すら引かない身体になり、酷い冷え性も少しだけ改善しました。が、カナダでサボり始めた途端、毎月風邪をひきました…。気候の変化に対応しきれなかった点もあるとは思いますが、それ込みでも間違いなく私の健康増進には一役かってくれていると思います。

 

実は以前台湾に留学した目的も、足つぼマッサージを習いたかったから。結局習う機会はなかったのですが、日本国内の足つぼ屋さんで若石法という、台湾在住のスイス人神父、呉若石さんが台湾で広めた足つぼを習っていました。

 

私の足つぼ愛への話は長くなるので、かいつまみます…

 

事の始まりは通っていた足つぼ屋のオーナーさんがものすごくパワフルで、とても健康的な美魔女さんだったので、同僚に誘われるまま、健康美人を目指して足マッサージを習い始めました。そして、母のガンが発覚したのをきっかけに、少しでも家族の助けになりたくて、人をもむための技術も教えてもらいました。

 

そうして一度習ってはいたものの、かなり自己流になってきていたので、カナダへ立つ前に再度知識を吸収すべく、先週東京に一週間ほど滞在して、強めの施術で有名な足揉み屋さんでマッサージを習ってきました。また、そこでは同時に施術も受け、さらにその後...世界一痛い足揉み屋さんへ行き、施術を受けて来ました。

 

前置きが長くなりましたが、今回の足ツボ話はその体験記になります。

 

足もみKMR 

まず始めに訪れたのはこちら足もみKMR http://www.kmr-ashimomi.com/さんです。

JR国立駅から徒歩5分ほど。

f:id:TorontoON:20180804155126j:image

この本を読んでから、ずっと行ってみたかったお店です。

からだが蘇る! 奇跡の足もみ

からだが蘇る! 奇跡の足もみ

 

東京にある上に、予約がなかなか取れない人気のお店なので2ヶ月前に予約をし、先月ライブで訪れた際に行ってきました。

 

店内はサロンのようにとても美しいです。

f:id:TorontoON:20180804155130j:image

 

その際は施術を受けただけなのですが、施術と言っても

 

1. 足湯

f:id:TorontoON:20180804155351j:image

2. 足揉みローラー(膝裏) 

 

3. 足揉みローラー(足裏)

f:id:TorontoON:20180804155030j:image

 

4.施術

f:id:TorontoON:20180804155027j:image

5. 院長先生のチェック・施術

 

トータルゆうに3時間を超える体験だったのです。

 

特に感動したのが、院長先生によるチェック。

今までかかってきた病気、これからかかるかもしれない病気をかなり細かく教えてくださいました。足つぼ屋さんに行くと、大抵言われる事は冷えてますね、睡眠は不規則ですか?等々似通っているのですが、院長先生に「飛行機に乗ったら耳痛くならない?」「かなり気をつかう性格だね」「2年前くらいに大きな環境の変化あったでしょ?」と言われた時はビックリしました。

 

足を見ただけでそこまで分かるとは…。

 

最初から最後まで受けると長時間かかりますが、しっかり老廃物を排出するという理にかなったやり方にスタッフの方の高い施術力、キメの細かい接客、そして院長先生のオーラに魅せられて、カナダに行く前にもう一度施術を受けたい!そして少しでも習いたい!と思っての今回の再訪となりました。

 

今回はまず、施術を受ける前にマットの上でセルフケアを習いました。

 

一通り足つぼの位置や揉む順番などの知識を持って臨んだものの、やはり手技に違いがあり覚えるのが大変でした。

 

f:id:TorontoON:20180804155216j:image

2時間セルフケアを受講した翌日は、施術台を使って、講師の先生に人への施術方法をマンツーマンで習いました。

 

反射区にきちんと当たっているか、痛すぎる揉み方になっていないか、自分の揉む体勢が無理のないものか等々、先生の足を使ってかなり細かく習えるのでとても勉強になりました。

 

若石法とKMR式の違いは、足を揉む前にしっかり準備もみをする点と、腎臓より先に膀胱からもみ始め、老廃物を流しやすくする点でした。理論的にもものすごく納得がいったので、忘れないように習った日から実践しています♩

 

私がKMRさんの好きなところは院長先生を始め、施術をしてくださるスタッフさんが、悪いところを指摘してくださるだけでなく、足の良いところを褒めて下さるところです。一時期体調を崩していた際も先生に相談すると、足の形は綺麗だし問題ないよー!大丈夫!」と言ってもらえました。先生のものすごいオーラで、大丈夫!!と言ってもらえるのは身体的にも、精神的にとても効果がありました。

 

福岡から東京へ行き、滞在し、施術を受けると負担はそこそこ大きいのですが…

それでも行く価値は十分にあったと思います。施術を受けるためにも、今度からカナダから帰国する際は、台北経由ではなく東京経由で帰ろうかと計画中です。

 

こちらが女性に向けた新刊♩

読みながら揉むときに、おもしを置かなくてもしっかり左右に開いてくれるので大変見やすいです。これはカナダへのお供に持っていきます。

女性の不調に全対応! 毒をかき出す 足もみ大全

女性の不調に全対応! 毒をかき出す 足もみ大全

 

 

 

世界一痛い足もみ Ohana

2軒目に訪れだのは、世界一痛い足もみのOhanaそんです。こちらも、この本を読んでずっと行ってみたかったお店です。

元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)

元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)

  

名古屋が本店なのですが、東京にもお店があるので、この機会に行ってきました。 

f:id:TorontoON:20180804155445j:image

これは足を揉まれる前です。

自分でやり過ぎて、もう既に痛々しくなっている足…笑

 

しっかりKMRさんで教えてもらって自分で揉んだし、二日間続けてお店で施術もして頂いたから、世界一痛いって書いてあるけど大丈夫だよね♩と思いながら行ったOhanaさん。こちらは前回東京訪問時は予約が取れず、今回初体験でした。

 

 

施術を受けやすい服は自分で用意するように、とのことでしたので、やりすぎかな、と思いつつ上下共Tシャツと短パンに着替えて臨んだ足もみ45分。私は今まで足を揉まれてどんなに痛くても、決して痛いとは言ったことはありません。痛いと言ってしまうと負けた気がするんです…誰に?って話なんですけどね。。

 

 

…が。

 

痛いーーーーッツ!!!

 

こちらの施術は 異次元の痛みです。

とても我慢できるとは思えません。

痛すぎて、痛すぎて、お金払うから今すぐ帰りたい。

こんな痛いとかうそやん…

 

ひたすらソファの上で悶絶していました。

 

木の棒を使うのはKMRさんも同じなのですが、KMRさんは痛いのは痛いけど、できる限り痛みを感じないようにゆっくりとした施術。しかし、こちら揉みほぐし重視のため容赦なく、ぐりぐりごしごし。

 

なるほど、世界一痛いと謳う訳です。 

結果、全身汗だくになったので上下とも着替えて正解でした。

 

足裏については腎臓は柔らかいけれど、後は全体的に硬い。かかとの内側にある子宮はキレイだけど、外側の卵巣はかたい。生理不順や不妊対策をするなら、かかと・甲状腺・親指・太ももをひたすら柔らかくするように言われました。

 

ほぼダメだしだったのが辛かったですが、しっかりほぐすべき箇所を教えてもらえたのは、逆にとても良かったです。あんっなに激痛だったのですが、終わると足が軽くなって、ケロっとして近場のオススメランチを聞いて帰った私。終わった時の痛みからの開放感はなんとも言えない心地よさでした。

 

また、帰り道は股関節から足が動きやすくなった事、靴に余裕ができていた事etc.効果を感じられたので、痛い分即効性が高いのだと思います。

 

後日談ですが、2〜3日してから、だんだん青あざがにじんで出てきました。当日も大きなあざはできていたのですが、後からできた方が大きかったです。そして、激痛のストレスで蕁麻疹も発生。。

 

続けて通える場所にあれば、しっかりほぐすために通うかもしれませんが、たまにしか行けないのであれば、毎回激痛なはず。蕁麻疹が出る時点で、痛みが私のキャパを超えているので、残念ながらここの体験は一回で終わりになりそうです。通い続ける根性があれば、足はどう変わるのだろう?とちょっと興味はありますが…あれほど痛い思いをするなら、病気の方がマシな気も…笑

 

 自分で揉むのであれば、この本はもみ方や揉む姿勢など分かりやすいので、とてもオススメです。

世界一痛いから効く! 足もみの本

世界一痛いから効く! 足もみの本

 

あくまで上記は私が体験した感想です。人によって痛みの感じ方や、合う合わないがあると思いますのでぜひ一度体験してみてください♩

 

カナダには、足つぼマットと愛用の足もみグッズたちを連れて行く予定です。

冷え性が治りますように♡

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村