トロント移住日記

台湾&カナダ留学後、トロントで国際結婚。トロント在住ながら中国語で暮らす日々。移民申請、海外情報、国際結婚 etc.広く浅くをモットーに。

【カナダ移民申請①】2018 申請必要書類

こんにちは。

 

現在夫はカナダ、私は日本台湾を行ったり来たり、という遠距離結婚中のササキです。夫がカナダに帰ってから日本で入籍手続きをしたので、実は結婚後まだ一度も会っていません。

 

というのも、カナダ人と入籍したからと言ってすぐカナダに住めるわけではなく、永住権を申請しなければカナダには長期滞在できないのです。

 

2018年1月現在の情報ですが、必要書類をアップしたいと思います♩

 

申請方法

 

申請方法は2通りです

 

1. 弁護士さんに依頼する

2. 自力で頑張る

 

www.canada.ca

 

 

移民弁護士さんに申請を依頼した場合、おおよその手数料の相場は30万円程。

自力で申請したら、申請料の約10万円と、健康診断、翻訳料などの実費。

 

移民弁護士さんに依頼しても必要書類は結局自分で集めなければならず、記入事項もある程度自分で処理しなければならないので、私たちはとりあえず自力で申請する方法を選択しました。

 

私たちは昨年10月頃からなんとなく準備を始め、12月に入籍し、一次審査の書類を提出できたのは1月末でした。

 

 

 

2018年の一次審査(スポンサー審査)の必要書類

 ※国外申請用の必要書類です。

 スポンサー(夫) 

  • Application to Sponsor, Sponsorship Agreement and Undertaking (IMM 1344)
  • Sponsorship Evaluation and Relationship Questionnaire (IMM 5532)
  • Use of a Representative [IMM 5476] 自分で申請した為、提出せず。
  • 永住権申請費用の支払い済みレシート
  • カナダと台湾のパスポートのコピー
  • 運転免許証のコピー
  • 勤務先の社長からの雇用証明書
  • 収入証明

 

 申請者本人(私)

  • Generic Application Form for Canada [IMM 0008]
  • Additional Dependants/Declaration [IMM 0008DEP]
  • Additional Family Information [IMM 5406]
  • Document Checklist[IMM 5533]
  • 結婚受理証明書と翻訳
  • パスポートのコピー
  • 二人の関係を証明するもの
  • 顔写真(カナダ滞在中に規定サイズのものを撮影)
  • カナダの運転免許証コピー

 

日本人固有の必要書類

  • A copy and a certified translation of the “Koseki Tohon” 戸籍謄本と翻訳
  • A copy and a certified translation of the “Kaiseigen Koseki Tohon” 改正原戸籍謄本とその翻訳
 
CICのHPからDLして記入する申請書には二人の署名が必要なものも多い為、日本で記入、サインした後でカナダに送りました。
 
…するとなんと!!カナダの紙の共通サイズはA4でない事が発覚。
日本のA4用紙をファイリングできるものがないため、ダウンタウンのMUJIまでバインダーを買いに行ってもらい、ファイルしてもらいました。
 

二人で準備したもの

  • 二人の関係を証明するものとして、下記のものを準備しました。

  ・私のカナダでの運転免許証(彼と同じ住所)

       ・旅行先で撮った2人の写真、家族や友人と撮った写真

  ・家族、友達からの結婚を証明する手紙
  ・台湾と日本に一緒に行った時の飛行機のチケット
  ・連名の銀行口座

  ・彼の退職金の受取人を私に変更

 

提出しようと思って確認した時に、これが入ってない!!

を2〜3度繰り返した為、提出するまでに時間がかかってしまいました。 

 

一次審査通過後の必要書類

  • police certificates 無罪証明書
  • Schedule A – Background/Declaration [IMM 5669] 過去10年分の住所、職業等を記入する申請書

  • medical exam receipts 健康診断書

 

これらを揃えるのは手間と時間がかかります
細々した書類集めや記入の問題ではなく、パートナーと申請者の申請への温度差几帳面度に差があれば、必ずケンカになるか、ストレスがたまるからです(断言)
 
私の性格はかなりざっくりですが、それでも夫の「これくらい許容範囲だよ」発言を耳にするたびに、やっぱり日本人は几帳面だなぁと、思わずにはいられませんでした。書類の最終的な整理は彼がやってくれた為、私に全部やらせてー!!と心の中でどれだけ叫んだことか 笑
 
不備があって返却されると、ものすごく時間がかかります。
サイトや必要書類を隅々までよく読んで、提出する事をオススメします。